NYダウ暴落寸前⁉

2020年1月25日

  1. HOME >
  2. 投資戦略 >
  3. インデックス投資 >

NYダウ暴落寸前⁉

2020年1月25日

拡大型トライアングルは第4波?

こんにちは、まるにです。今日はここ数年のNYダウのチャートから売り時なのか買い増しなのか探っていきます。2018年から始まった修正波は金融緩和のおかげで拡大型トライアングルの形をとっており、エリオット波動を知らない人にとっては修正波だとは気づきにくいと思います。私もエリオット波動を完全に理解しているわけでもなく、また多くのエリオット波動分析者の意見が異なることを何度も目にしてきているので、波が進んで次の波動に移らないと本当のところはわからないし、実際未来を予測できるものではないと考えています。しかしMA200からの乖離率はかなり高くなってきていて、いつ下落しても不思議ではないですよね。赤い矢印では20000ドル位まで落ちそうですが、FRBの動きや今年は大統領選挙の年でもあるため、暴落は阻止したいはず。よって今回は20000ドルまで落ちずにMA200付近、上図のAまたはCの付近で切り替えし、第5波に向かっていく可能性も十分にあると考えています。急落してすぐに折り返し第5波の高値付近で大統領選挙を迎えられればトランプ大統領の再選となるかもしれません。波の進み方や時間によっては第5波の形も延長したり、ダブルトップやヘッドアンドショルダー型になるかもしれませんし、結局波が終わらないとわかりません。

結局上がるの?下がるの?

皆さん知りたいところは結局株が上がるのか下がるのかだけで「さっさと結論か書けよ」と言われそうですが、ざっくり言うと中長期的に見れば下記のようになりそうですね。

  1. 第4波のE 点まで下がる
  2. 第5波のトップまで上がる
  3. 今回の上昇サイクルが終わり下降トレンドに入る

時期的なことは非常に難しいのですが週足を見て言っているので数か月、数年単位で考えています。「こんな見方もあるよ」程度の軽い気持ちで読んでいただけると助かります。
★ありがとうございました★

気に入ったらポチっと押してね

いいね。 (この記事が気に入ったら いいね❣してね!)
読み込み中...

-インデックス投資
-, ,

Copyright© まるにブログ , 2020 All Rights Reserved.