米国株式の暴落時の戦略はどうする?

2020年2月13日

  1. HOME >
  2. 投資戦略 >
  3. インデックス投資 >

米国株式の暴落時の戦略はどうする?

2020年2月13日

こんにちは、まるにです。いよいよNYダウ平均が29000ドルを超え30000ドルに迫ってまいりました。
そこで堅実なインデックス投資家のちーちゃんの疑問にお答えしようと思います。

ちーちゃん

NYダウがそろそろ暴落しそうで、怖いよ。どうしたらいいかな?
せっかくコツコツと積立投資しているし、長期で考えているから出来れば売りたくないかな。
でもやっぱり損失を抱えたくないし・・・。
何かいい方法ないかな?

この記事ではインデックス投資を積立で長期投資している人が株価下落時にどういった戦略をとるべきかのアドバイスになります。


株式の暴落時は基本的には現金化が一番有効ですが、ただの調整で終わってしまうことも多くすぐに反発し高値更新なんてこともよくあります。実際にはトレードを頻繁に行わない方が有利なことが多いですね。そんな時に少しでも損失を減らす方法をご紹介します。

S&P500はエンディングダイアゴナル完成か?

まず最初に今現在米国株式はどれくらい危険な状態にあるのか見ていきます。まず先日の記事にも書きましたが2月6日時点のS&P500の日足を見てみます。

ending diagonal

エンディングダイアゴナルの細分割は3-3-3-3-3ということなので検証していきます。日足では最後よくわからないので最新の4時間足を見ていきます。

4時間足くらいで見るとよくわかりますね。3-3-3-3-3の波動になっているように見えます。ちょうど上値の抵抗線辺りで下落していますね。もちろんこれで下落するかはわかりません。しかし心理的にもこれ以上は重いですよね。

暴落すると思うならSPXSを買え

現在インデックス投資等をしている方でなかなか売りたくないと思う人は少なからずいると思います。私も同じでできれば売りたくないです。リーマンショックの時には”もうだめだ”と思って手放したところが大底でした。暴落時はネガティブニュースがバンバン流れますし、プロはとことん売ってきますので心理的に負けてはいけません。腹を決めて絶対売らないか、明らかに暴落につながるニュースが流れた時にはすぐに売る。もしくは100MAを割ったら半分売る、200MAを割ったらもう半分売るとか、今のうちに考えておくべきです。暴落につながるニュースとは例えば大企業の破綻のニュースで、もしドイツ銀行の破綻のニュースであれば即売る必要があると思います。一般の新聞に大きく載るニュースには注意が必要です。
インデックス投資を売らないのであれば、インバースETFで損失を抑えるのが有効です。特に日本の米国株を扱っている証券会社の多くで取り扱いのあるETFはSPXSです。ベアー3Xと呼ばれるETFでS&P500指数に対し3×反対の値動きになります。注意点としては1日ごとに3倍反対の値動きになるようなETFだということです。下記は最近の比較チャートになります。

比較2018
比較2019

注目してほしいところは2018年の年末にかなり急落した時がありますがSPXSは暴騰しているのがわかります。もちろんすぐに利益を確保し持ちすぎないことが重要です。その後2020年まで保有してしまうと2段目のチャートのように醜いことになります。
例えばざっくり計算しますと今300万円の投資金額の人であれば30%下落した場合90万マイナスの210万円になりますが、もしSPXSを50万円分購入して80%値上がりしたとすれば90万円となり+40万です。-90万+40万でトータル50万円のマイナスですむことになります。30%の3倍の90%にはならないと思いますのでざっくり80%で計算してみました。
また、SPXSは指数がゆっくり下落するときにはあまり効果的ではありません。しかし急落時にはピンポイントで使えますのでデメリット理解しつつ使えば損失をある程度抑えることができるので便利です。確実に悪いニュースが出たときに買ってみてはいかがでしょうか。

現金化できるならそれが一番

もし暴落なのかただの調整なのかがちゃんと判断できるのなら高いときに現金化するのが一番ではないでしょうか。しかしそんなに毎回予測が当たる人はほとんどいないと思いますのでやはり自分の決めたルールに則ってトレードしていくのが良いと思います。ここまで落ちたら半分売って現金化とか。しかしここまで調子のいい株価を見てますとすぐに調整は終わるかもしれないと思ってしまい、なかなか自分のルール通りに売れないですよね、私はすごく苦手です。だから私は今回もSPXSを少し買ってみようと思います。今週中に買うつもりです。SPXSを買うことで損失が出てしまってもとにかく少額で短期勝負と思えば精神的にも苦痛ではないのでいつもこの方法で損失を回避するようにしています。

まとめ

  • S&P500はエンディングダイアゴナルの完成が近い。そろそろ暴落か?
  • 株価暴落時の売るタイミングを今のうちに自分のルールとして決めておく。
  • 現金化が一番。それができないならSPXSの短期売買に挑戦しよう。

★ありがとうございました★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Photo by

unsplash-logoChris Li

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

応援クリックおねがいします❣
毎日押していただけると助かります。

good (この記事が良ければ good❣してね!)
読み込み中...

人気記事

1

こんにちは、まるにです。今日はダウゴールドレシオの話をしていきたいと思います。 ちーちゃん なんとなく言ってることはわかるけど、ダウ平均株価と金価格の割合でしょ?何か意味があるの?S&P500 ...

2

こんにちは、まるにです。空調服のバッテリーやファンの互換性はどうなっているの?人気のバートル(AIR CRAFT)、ワークマン(Wind Core)、ジーベック、サンエス、マキタなど2020年モデルを ...

-インデックス投資
-,

Copyright© まるにブログ , 2020 All Rights Reserved.