SPXのオルトパターン

  1. HOME >
  2. 投資戦略 >
  3. インデックス投資 >

SPXのオルトパターン

こんにちは、まるにです。昨日S&P500は2.6%以上上げ、金は1.8%以上下落しました。リアルタイムでチャートを見ていましたが、アルゴがだいぶ動いていたような気がしました。

金に関しては、昨日の下落でチャートが崩れてしまいましたのでカウントの見直しを近いうちにします。GDXはレジスタンスまで下げてしまいましたが、今のところ大きなチャートの見直しはしないと思います。次に続く波を見て判断します。貴金属や金鉱株の中長期の見通しは変わらず今後も上昇傾向との見方は変わりません。

S&P500はあっさりとレジスタンスとしていたところを抜けましたので手持ちのETFをまた少し売り、SPXの比率がかなり低くなりました。昨日の上げはスローオーバーでしょうか、予想以上に上げましたね。絶好の売り時と見ています。予想した通り来週以降下落する確率が高くなってきました。直前の修正波がフラットパターンだったので次の下落はジグザグになるかもしれません。(2955pt付近では買い戻しする予定です。)

しかし予想以上に上昇する力がありそうなのでそろそろオルトパターンも考えておいた方がいいと思います。

以前も何度か書いていて、最高値付近まで上昇、または高値更新する可能性に触れましたが、チャートは載せていませんでしたので今回は比較してみます。

spxチャート1
オルトパターン
spxチャート2
今までのパターン

③の位置も以前のチャートとは見直しを行っていますが、注目は④の位置です。今までは④波が終了している前提で話を進めてきましたが、2月末から3月末にかけての下落波動が④とカウントする拡大型のパターンです。実際自分でカウントするようになるとわかるのですがどちらに転んでも波が進み方によって、過去のカウントが決定しますので今後の波動次第ということになります。

(ここがエリオット波動が後付けだとか、こじつけだとか言われる所以なのかもしれません。しかし上手にレジスタンスラインを引いてあげることでストップロスもしやすいし、間違えても切り替えが早く、トレンドに乗りやすいので、トレードには欠かせない分析ツールだと思っています。)

昨日ナスダックが高値を更新してしまいましたのでオルトパターンの可能性が出てきました。高値を超えたことでジグザグパターンの可能性がなくなりました。次にフラットパターンを考えますと3-3-5の副次波でなければなりません。チャートとにらめっこしていましたが最初の副次波はどうしても5波動のように見えます。もちろんSPXのほうも5波動でカウントしています。

よって来週以降の下落波動が2955ドル付近を下回らなければ、(第4波は第1波と重ならない)オルトパターンで⑤の波動(インパルスの5波動)ということになります。(3)のポイントを上抜ければ最高値更新もあり得ます。しかしその⑤波は③波が延長したことを考えると短命の可能性が高く、その後はやはり大きな下落波動の予想になってしまいます。そこから先はもっと波が進んでから考えます。

今日は以上です。

★ありがとうございました★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

応援クリックおねがいします❣
毎日押していただけると助かります。

good (この記事が良ければ good❣してね!)
読み込み中...

人気記事

1

こんにちは、まるにです。今日はダウゴールドレシオの話をしていきたいと思います。 ちーちゃん なんとなく言ってることはわかるけど、ダウ平均株価と金価格の割合でしょ?何か意味があるの?S&P500 ...

2

こんにちは、まるにです。空調服のバッテリーやファンの互換性はどうなっているの?人気のバートル(AIR CRAFT)、ワークマン(Wind Core)、ジーベック、サンエス、マキタなど2020年モデルを ...

-インデックス投資
-, ,

Copyright© まるにブログ , 2020 All Rights Reserved.