米国株式の下落に注意

  1. HOME >
  2. 投資戦略 >
  3. インデックス投資 >

米国株式の下落に注意

こんにちは、まるにです。昨日のS&P500指数はレジスタンスである3233ptをわずかに超えましたが引けにかけて大きく売られる展開となりました。ナスダック銘柄の下落が大きかったように思います。半面ダウ指数の方は小幅に上昇する展開となり最近では少し珍しい出来事でした。

このことからもわかるように逆回転が始まったように思います。下げれば上がる。上がれば下がります。

それではチャート分析をしていきます。まずは日足チャートから見ていきます。

spxdaily

黒文字のカウントをメインとして考えています。修正波の(b)が昨日終わったと思います。

CFDの60分足チャートで見ていきます。

spx60minchart

6月15日に(a)波、その後かなり横に間延びした感じですが、昨日(b)波が終わったと見ています。

直近のレジスタンスを少し上回るまで回復したので、3-3-5のフラット修正波になるのでしょうか。そうなると次の(c)波の目標値は(a)波の2936ptより少し下あたりが有力ですが、ジグザグのC波のように巨大化してしまうと2760pt付近まで下げてもおかしくありません。

また大規模な金融緩和をしていますので(a)点まで下げずに、(c)波が終わってしまう可能性もあります。その場合はランニングフラットのような形になり、上昇圧力が強いことがわかります。

★ありがとうございました★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

応援クリックおねがいします❣
毎日押していただけると助かります。

good (この記事が良ければ good❣してね!)
読み込み中...

人気記事

1

こんにちは、まるにです。今日はダウゴールドレシオの話をしていきたいと思います。 ちーちゃん なんとなく言ってることはわかるけど、ダウ平均株価と金価格の割合でしょ?何か意味があるの?S&P500 ...

2

こんにちは、まるにです。空調服のバッテリーやファンの互換性はどうなっているの?人気のバートル(AIR CRAFT)、ワークマン(Wind Core)、ジーベック、サンエス、マキタなど2020年モデルを ...

-インデックス投資
-, ,

Copyright© まるにブログ , 2020 All Rights Reserved.