インデックス投資

銀(silver)のエリオット波動カウント(elliott wave count)を見直しました。

2020/3/18

こんにちは、まるにです。連日のNYダウ大暴落で、寝不足が続いております。1000ドル以上の乱高下が続くと何もしていないのに疲れます。 NY株式市場が先ほど開きましたが、ダウが20000ドルを割ったと速 ...

サブプライムショック時は57%以上の下落

2020/3/16

こんにちは、まるにです。NY株式市場は金曜日に大幅に上昇して終了しました。上げ幅は過去最大となりまさに乱高下しております。まだまだ不安定な状況が続きそうですね。 S&P500はここから反発する ...

セリングクライマックスは終わった?

2020/3/13

こんにちは、まるにです。連日の大暴落で皆さんは大丈夫でしょうか?先日も書きましたが、今回の波は速いですね。昨日は1回目のセリングクライマックスであった可能性があります。もちろんまだまだ油断はできません ...

S&P500チャートで前回の暴落時のエリオット波動を分析、検証してみます。

2020/3/11

こんにちは、まるにです。新型コロナウィルスの影響が世界中に広がりを見せている中で、株価の方も急速の下落しています。なんと言っても今回は下落速度が速いですね、さすが第5波で第⑤波で第V波ですね。前回の下 ...

NYダウ暴落は予想以上に速い!

2020/3/1

こんにちは、まるにです。ニューヨーク株式市場ではダウ平均株価が最速で下げてます。潮目が変わった気がしますがいかがでしょうか?新型コロナウィルス関連のニュースが連日大きく報じられていますが、バッドニュー ...

長短金利差の逆イールド

2020/3/1

長短金利差の逆イールドが発生したようなので見ていきます。
長短金利差を使った指標になります。短期の方は人によって違いますが、3か月や2年の金利を使うことがほとんどですので今回は両方見てみます。

マーケット速報

2020/2/21

マーケット速報、経済指標カレンダー
リアルタイムニュース

バフェット指数 -buffett indicator-

2020/3/1

こんにちは、まるにです。今日はバフェット指数をみていきます。
バフェット指数とはで時価総額とGDPの対比です。使用するデータによって2種類あります。”Wilshire 5000 /GDP Ratio” ”Corporate Equities to GDP”の2つですが後者の方をThe Original Buffett indicatorと呼ぶようです。ちなみに前者はMarket Cap to GDPと呼ぶみたいです。

long term elliott waveでわかるNYダウ大暴落の理由

2020/2/16

現在の波が第⑤波であれば必然的に第(Ⅴ)波であり、大暴落待ったなしになってしまう。この分析が正しいとするとダウ平均株価は6000ドル割れは確実になってしまいます。S&P500も500ポイント割れの大暴落になります。最後波はエンディングダイアゴナルとみていますが、たとえそうでなかったとしても、第⑤波であり第(Ⅴ)波であることに変わりはなく暴落までは時間の問題となります。

米国株式の暴落時の戦略はどうする?

2020/2/20

株式の暴落時は基本的には現金化が一番有効ですが、ただの調整で終わってしまうことも多くすぐに反発し高値更新なんてこともよくあります。実際にはトレードを頻繁に行わない方が有利なことが多いですね。そんな時に少しでも損失を減らす方法をご紹介します。

Copyright© まるにブログ , 2020 All Rights Reserved.